鍵も暗証番号も煩わしいので指紋認証の金庫にする!

私の自宅では花屋を営んでいる。夫と数人のパートやアルバイトに店を任せ、接客の苦手な私は経理全般を担当している。強盗対策のため、数時間に一度はレジを閉め、そのたびにいちいち金庫にお金を保管しているのだが、使用頻度が高いせいか最近金庫の開閉がしづらくなってきた。最近地元のタウン誌で紹介されたこともあり、売上は上々である。そこで思い切って新しい金庫を買おうということになった。

夫は今までと同じ暗証番号と鍵のついた金庫にしようと言ってきたのだけど、私はずっとそれが煩わしいと思っていた。暗証番号を入れてカギを回す、それだけで10秒以上はかかってしまう。たかが10秒と夫は呆れていたけれど、されど10秒だ。それが一日に6回あれば一日1分、一か月で30分、1年で換算すれば6時間にもなる。この先30年はこの仕事を続けるとすると…というところで、夫が観念したように「わかったから好きなの買えば」と言った。はい、論破、だ。

ずっと金庫を買い替えるなら、カギも暗証番号もいらない、指紋認証の金庫にしようと決めていた。指をピ、で金庫の開閉ができるなら1秒もかからないし、万が一指をケガしたり指が荒れて指紋で開かなかった場合でも暗証番号を登録しておけばそれで開けることもできるそうなので、安心だ。もちろんいくつかの指紋を登録できるそうなので、夫の指紋も登録することができる。

指紋認証の金庫についてネットで調べるついでに先ほどの計算の続きをしてみたら、もし今の金庫を使い続けるとしたら、私はこれからの一生のうち一週間と半日を、金庫を開ける時間に費やすことになるはずだったということがわかった。そんなのもったいなさすぎる。替えるなら、絶対に早い方がいい。

そういうわけで、私はすでに注文した指紋認証式の金庫を、首をながーくして待っているところだ。