レンタル金庫の良い点・悪い点

友人と一緒にネイルサロンを開くことになった。サロンと言っても自宅の一部を改装して作った小規模のものであるけれど。主に友人が施術し、私は彼女の補助と経営を担当する。彼女の腕を見込んでスカウトしただけあって、彼女の技術はアーティスト並だ。あとは私を信頼して一緒に開業してくれた彼女の期待に私も経営者として応えなくてはならない。とりあえずこの地域で名前を挙げて、最終的には遠方からも来てもらえるくらいのネイルサロンにしたいと思っている。

そして色々な設備投資するにあたり、金庫をどうしようかという話になった。購入しようかとも考えたけれど、今はレンタル金庫というのがあるそうだ。レンタル金庫とはその名の通り、金庫を借りられるシステムのことで、初期費用が要らないという優れた点がある。浮いたお金で開店準備にお金を使えるのでとてもありがたい。その他にも月々のレンタル料金が経費計上できるとのことで、課税対象金額を抑えることもできるし、万が一窃盗にあった場合でも、限度額までなら補償してもらえるそうだ。強盗に金庫を破壊されたり、火事などで金庫が破損してしまった場合でも、無料で修理してもらえるそうなので、女性二人で開業するということもあり、そういう意味でも安心だ。

一方悪い点を挙げるとするなら、長期で使用するとなった場合、買った方が安かったという場合もあるということだろう。一度購入してしまえば月々の支払がないというのも大事なことだ。

どちらがいい悪いというのは決めきれないけれど、どれだけ長く使用するか、防犯上の心配があるかないかで、レンタル金庫にするかしないかの選択が変わってくるのだろう。