そろそろ我が家の金庫も寿命のようです

金庫を買って20年。そろそろ我が家の金庫も寿命のようです。一般的に耐火金庫は20年前後が寿命と言われていて、それを過ぎると耐火性能が劣化するんだとか。しかもその劣化スピードはかなりのもので、放っておくとどんどん耐火性能は失われていき、いざ火災が起きた際に全然中身を守ってくれなくなってしまうそうです。せっかく耐火金庫を導入しても、その性能が失われた状態で使っていては意味がないですよね。

ですから、我が家の金庫も新しいものへ買い換える必要が出てきました。最近の金庫の耐火性能は、20年前に比べれば非常に性能がいいものになります。寿命が来ていない状態で買い替えたとしても満足できる質の物ばかりなので、より良い金庫へ買い換えるという風に受け止めると、幾分気が楽になります。寿命だから買い換えなきゃって考えると、なんだか買わされてる感がしていい気分ではないですからね。

結局、どうせ買うならと耐火性能だけでなく防犯性能も高い物を選ぶことになりそうです。まだ購入したわけではないのですが、金庫を取り扱っているお店で色々話を聞いた結果、色々と物騒な世の中になってきていることですし、せっかくなら防犯面でも安心できるものを購入しようかなと。家で火事が起きる確率以上に、空き巣が入る可能性は低いでしょう。ですが金庫は実際それが起きた時に守る力というより、普段何が起きても大丈夫だと思える安心感を買うものだと思っているので、これで正解かなと感じています。まだ買ったわけでもないのに、すでに結構な安心感がありますからね(笑)来週末にでも、妻と一緒に再度お店へ出向いて新しい金庫を購入しようと思います。